格闘道イベント 敬天愛人

ニュース

2018.09.25

巌流島推薦枠 岩崎徳正選手(数見空手)に決定

格闘道家、そして敬天愛人プロデュサーの菊野克紀です。
わかっちゃいたけど準備大変ですね・・・。

人生で一番頑張っています。 そして本当にたくさんの方に助けて頂いています。
敬天愛人は格闘技ではなく格闘「道」を魅せるイベントです。
「親が子供に見せたい格闘道」をコンセプトとして全てを作っています。
僕にとっての格闘道とは「踏み出す勇気」と「全てに感謝すること」です。
まさにこのイベントを開催すること自体が勇気と感謝の連続です。
日々ビビりながらも勇気を出して、感謝して、格闘道を進んでいきます。

9月17日(月祝)に舞浜アンフィシアターで開催された巌流島全日本武術選手権大会の中で輝いた選手を敬天愛人の異種格闘技体重無差別8人ワンデートーナメントの僕の一回戦の相手とする企画がありました。

優勝したプロレスの奥田啓介選手は素晴らしいのですが敬天愛人にはキャラ的にはハマらないかなと。
ぜひ巌流島で機会がありましたら対戦よろしくお願い致します。
僕が敬天愛人に出て欲しい上位の選手にお声掛けしたら断られました。
シュレック選手がSNSにこの企画を罰ゲームと称してましたがあらためて納得しました。(笑)
考えてみれば僕と闘って勝ったとしても次も100㎏以上の化け物、そして決勝も化け物、地獄ですね。
僕が地獄だと感じているので、もっとですよね・・・。
皆さんそれぞれ仕事があるわけでそのリスクたるや・・・。
あらためてこのトーナメントに出てる選手はちょっとクレイジーです(笑)
中でも70kg代の僕とテコンドーの中野元選手は相当クレイジーです。
そしてもう一人クレイジーな選手がCACCの蓮見隆太選手。
試合後、敬天愛人に出たいと名乗りを上げてくれました。
試合内容も良かったし人格的にもバックボーンも申し分ないのですが豪快にKO負けしたあとなので2ヵ月足らずで試合はさせられないと思い断念しました。

困ったところで浮上したのが数見空手の岩崎徳正選手。
今回は相撲の中島大志選手の押し出しにペースを作れず敗北しましたが、今年1月の巌流島で蓮見選手に勝っていますし、僕が主催する手合わせ稽古会や錬空武館の高久昌義先生が主催するかけ試し稽古会で何度も手を合わせてその強さは間違いありません。
実は岩崎選手は僕が4月に異種格闘技体重無差別8人ワンデートーナメントを開催します!と発信した時点で名乗りを上げてくれました。
そして先日電話をしたら快諾してくれました。
岩崎選手は「これが最後になるかもしれません」と言ってました。
その気持ちよく解ります。
死に場所を求める感じ。
僕も終わりを見ながら今を生きています。
お互い覚悟があります。
僕を含めこの敬天愛人に出場してくれる選手みんな初めてのルール、初めての舞台で大きな挑戦です。
みんな勇気を振り絞って決断してくれたし、覚悟を決めていると思います。

どうか僕たちの覚悟を、勇気と感謝を観に来てください。
皆さんの人生にとって良いものになるはずです。

対戦カード
https://ktaj.jp/schedule.html

Copyright (C) 敬天愛人 All Rights Reserved.